おすすめメイク落としランキング|数多くのメイク落としを比較

メイク落としの商品もいろいろありますからどれが良いのか迷ってしまうと思います。
それぞれ特徴も違いますからその人によって良いという商品も変わってきます。
ですからおすすめのメイク落としを特徴も合わせて紹介したいと思います。
どのメイク落としにしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

特徴別にピックアップ


私個人的な判断で特徴別にピックアップして紹介したいと思います。

知名度・実績でピックアップ
オルビスクレンジングリキッド ファンケル マイルドクレンジングオイル 肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジング

オルビスクレンジングリキッドといえばご存知の方も多いのではないでしょうか。
これまで累計3500万本突破している実績のある商品です。
濡れた手でも使えるので便利です。

 

詳細はこちら⇒オルビス クレンジングリキッド

ファンケルのマイルドクレンジングオイルもご存知の方は多いと思います。
販売実績もあり知名度もありますね。
ぬれた手でも使えるというのもポイントです。

 

詳細はこちら⇒ファンケル マイルドクレンジングオイル

口コミなどでも人気で様々なメディアで紹介されていますね。
炭酸美容液クレンジングということで高濃度炭酸で炭酸パックにもなるということなんです。
53種類の美容成分も配合されています。

 

詳細はこちら⇒肌ナチュールクレンジング

おすすめメイク落としランキング

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

リ・ダーマラボモイストゲルクレンジングは1000名のアンケートをもとにかたちにしたクレンジングです。
こんにゃくスクラブが配合で毛穴ケアに42種類の保湿美容成分配合で美容液成分99.3%ということで美容、保湿も意識している方には良いのではないでしょうか。
W洗顔不要&濡れた手でもOKなので簡単に済ませたいという方には良いのではないでしょうか。
こういった方におすすめ
美容、保湿を意識している、毛穴ケア、手間をかけたくない

 

詳細はこちら⇒【リ・ダーマラボ】 モイストゲルクレンジング

ビオルガクレンジング

ビオルガクレンジングはランキングでも上位ですし、実績のあるクレンジングです。
17種類の美容液エキスに8種類の和漢植物エキスを配合でエイジングケアまでサポートしているということなんです。
公式サイトを見ていただければわかりますが、毛穴の汚れ、黒ずみ、開きというところにポイントをおいているようです。
こういった方におすすめ
毛穴の汚れ、黒ずみ、開きケア

 

詳細はこちら⇒ビオルガクレンジング

マナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲル多くの方が利用している口コミでも評判のクレンジングです。
美容成分が豊富に配合されているという特徴があります。
7つの無添加というのもポイントです。

 

こういった方におすすめ
毛穴の黒ずみケア、乾燥肌、敏感肌

 

詳細はこちら⇒マナラ ホットクレンジングゲル

フルリクリアゲルクレンズ

フルリクリアゲルクレンズは毛穴ケアに最適なクレンジングです。
多くの方が利用していますし、口コミ等でも評判です。
特徴は世界初の水配合、12の無添加というところが注目ポイントになると思います。

 

こういった方におすすめ
毛穴のひらきケア、乾燥肌、敏感肌

 

詳細はこちら⇒フルリ クリアゲルクレンズ

DUOクレンジングバーム

DUOクレンジングバームはモンドセレクション金賞受賞で口コミでも人気のクレンジングです。
独自技術ナノマトリクス構造で毛穴の汚れを取り除くということなんです。
多くのエイジングケア成分も配合されているというところもポイントです。

 

こういった方におすすめ
毛穴の汚れケア、エイジングケア、敏感肌

 

詳細はこちら⇒ドュオ ザ クレンジング バーム

毎日行うことだからしっかり勉強しておきたいメイク落とし

毎日行うメイク落としはきちんと正しく行うことが大切です。
美肌の基本ですから、しっかりと身に付けておきたいですね。

メイク落としはスピーディに丁寧に!

メイク落としで大切なのは、スピーディにかつ、丁寧に行うことです。
クレンジングをメイクにしっかりなじませて、ふやかして落とすのがポイントですが、ここで時間をかけていると肌が乾燥してしまうので素早く行いましょう。
クレンジングをなじませたら、指先でくるくるやさしく丁寧になじませて、スピーディにすすぎまで終わらせてしまいましょう。
1分以内には終わらせるのが理想的です。

正しいメイク落としの方法

アイメイクや口紅などの落ちにくいポイントメイクは先に落としておきましょう。
顔全体と一緒に行うのでは、ウォータープルーフのアイライナーなどは落とせないので、先に専用のクレンジングで落としておきます。
目元も口元も他の部位よりも皮膚がデリケートなので、メイクが残っていると肌トラブルの原因となるので注意しましょう。
また、クレンジング剤の量も大切です。
クレンジング剤は肌に負担がかかるからと量を少なくする人もいるようですが、量が少ないと肌への摩擦が大きり、ダメージも大きくなるので少なすぎないよう適量を手にとって、手のひらで少し温めておくとメイク汚れも落としやすくなります。
顔全体にやさしくクレンジング剤を伸ばしたら、力を入れずに指先で滑らせるようにメイクとなじませましょう。
肌荒れの要因となるので、ここで決して肌をゴシゴシしないでください。
また、熱すぎないぬるま湯で、素早くしっかりすすぎましょう。
冷たい水だと油がキレイに落とせません。
すすぎ残しがないようにしっかりすすぐことも大切です。
美しい肌を保つためには、面倒でも、メイク落としは丁寧に行うようにしましょう。

メイク落としを使用する意味と商品選びのポイントについて

メイクをしたら、洗顔石鹸だけでなく、メイク落としを使用してきれいに落とすことが大切です。
メイク落としを使用する意味や商品選びのポイントをご紹介しましょう。

メイク落としを使用する意味は!?

洗顔料だけでは、化粧品に配合されている油溶性の成分を落とすことが出来ません。
洗顔料は汗やホコリ、皮脂汚れ、古い角質などを落とすことは出来ても、メイク汚れまでは落とせないので、メイクをした日やウォータープルーフの日焼け止めを使用した日には、面倒でも洗顔とクレンジングのダブル洗顔が必要です。
メイク落としには、油溶性の成分もしっかりなじませることが出来る界面活性剤が含まれています。
界面活性剤が配合された量によって、メイク汚れを落とす力も違ってきます。
メイク落としは、化粧品の油分を落とすためのアイテムです。
オイルタイプやクリームタイプなどいろんな種類があるので、肌質や用途によって適切なものを選びましょう。

クレンジング選びは、肌に合ったものを!

平日は通勤用のナチュラルメイクだけど、休日でお出かけするときにはウォータープルーフのアイテムでしっかりメイクをするなど、メイクの濃さもその日によって違うはずです。
ですから、メイク落としも2種類くらいは用意して使い分けると良いでしょう。
オイルタイプは油分が主成分のクレンジングで、アイメイクもキレイに落とすことができます。
濡れた手でも使用できるので、お風呂場でも手軽に使えて便利です。
サラッとした使用感のオイルフリーのリキッドタイプは、べたつきが苦手な人にもおすすめです。

 

他に、洗い上がりがしっとりのクリームタイプやミルクタイプ、ふき取りタイプの水クレンジング等もあります。
皮脂が多い人やナチュラルメイクの日には、オイルフリータイプのクレンジングがおすすめです。
敏感肌の人は、ミルクタイプや、ホホバオイルなどの100%植物オイルを使用するのもおすすめです。
濃いメイクも落とせて肌にもやさしく落とせるのでおすすめです。
夜遅い帰宅で、どうしても眠たい、というときにはシートタイプやふきとりタイプのメイク落としが便利です。
肌質やメイクの濃さに応じて、メイク落としもいろいろ使い分けてみてください。

メイク落としクリームとはどんなもの?その使い方と効果とは

メイク落としには、いろいろなタイプがありますが、ここではメイク落としクリームの効果や使い方のコツなどをご紹介します。
ほぼ毎日使うものなので、正しく使って肌ダメージを少なくしましょう。

メイク落としクリームの効果は!?こんな人におすすめ!

メイク落としクリームは、他のタイプのメイク落としと比較して、油分を多く含みクリーム状をしているので、肌にやさしいことが魅力です。
クリーム状なので、肌の滑りもなめらかになり、手と肌の間でクリームがクッションのような働きをしてくれるので、摩擦が起こりにくいという特徴があります。
メイクの種類によっては、丁寧なクレンジングが必要なこともありますが、必要以上に肌を摩擦してしまうと、乾燥や小じわの要因となるので注意が必要です。
適度な厚みがあり滑らかなメイク落としクリームは、丁寧にクレンジングをしたいときにぴったりです。

 

また、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめです。
乾燥肌や敏感肌は、うるおいの膜を作りにくいので、素早く落とす刺激の強いクレンジングはおすすめできません。
うるおい膜をしっかり残すメイク落としクリームなら、肌に負担をかけずにメイク汚れを落とせます。

メイク落としクリームの使い方

まず、マスカラやアイラインなどのポイントメイクは、事前にポイントリムーバーで適度に落としておきましょう。
メイク落としクリームだけでは、肌をゴシゴシ摩擦してしまうことになり、ダメージが大きくなります。
メイク落としクリームを適量手に取ったら手の平で温めることがポイントです。
すぐに顔につけないで、手のひらで包み込み柔らかくなるまで温めることで、メイク馴染みも良くなり、スムーズに落とすことが出来ます。
すすぎの際は、冷たい水ではクリームが肌に残ってしまうので、ぬるま湯でしっかり洗い流すようにしましょう。

 

 

アイメイクの落とし方

女性はメイクをすることでより美しく魅力的に見せることができますが、肌のためにもメイクは毎日きれいに落としておくことが大切です。
メイク汚れが残っていると思わぬ肌トラブルにつながってしまうことがありますので、丁寧に落としておきましょう。
特にアイメイクには力を入れている方が多く、目元がはっきりするとより明るく魅力的な表情となりますが、目元は涙などでにじみやすいこともあり、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを利用されている方も少なくありません。
そして、こうしたメイクは通常のクレンジングでは落ちにくいものがあります。
アイメイクの落とし方としては、まずは専用のアイメイクリムーバーを利用することが大切です。
コットンなどにたっぷりと含ませて、優しくメイクを落としていきましょう。
このとき強くこすってしまうと、目元にシワができたり色素沈着の原因となりますので、こすらず優しく丁寧に落とすことが大事です。
そしてマスカラの場合は綿棒を利用すれば、落としやすくなります。

特徴別にピックアップ おすすめメイク落としランキング